【お馬図鑑】レシステンシア

3歳牝馬で注目の一頭であるレシステンシアの過去のレースを振り返ってみたいと思います。

父:ダイワメジャー
母: マラコスタムブラダ

JRAの2020年高松宮記念の特集ページでのコメント

約3か月の休み明けだった前走のチューリップ賞(3着)も仕上がりは良かったので、敗因はペースに尽きるだろう。レース後は短期放牧を挟み、本番に向けて調整は順調そのもの。道中のペース配分がうまくいけば、2つ目のGⅠタイトルが見えてくる。

【2020年  チューリップ賞 】3着

騎手:北村友一

好ダッシュでスタートし鼻に立つも、北村騎手は手綱を抑えるような行きっぷり。最後の直線コースではその勢いが続かず、ムチを打つも伸びを欠き、一杯の状態になり1と1/4馬身差の3着。このレース以降、北村騎手乗り替わりとなる。

【2019年 阪神ジュベナイルフィリーズ 】1着

騎手:北村友一

好ダッシュでスタート。手綱を抑えるも良いリズムで走り続ける。勢いそのまま直線コースまで保ち、最終的には5馬身差をつける圧勝。ウォッカのレコードを塗り替える1:32.7のタイムを記録。

【2019年 ファンタジーステークス】1着

騎手:北村友一

好ダッシュでスタートするものの、先頭は他の馬に譲る。しかし、先行ペースは揺るがず、最後の直線では先頭に立つ。この馬は直線コースになると観客席側に顔を向けるのだが、ジョッキーの指示に従いまっすぐ走り1馬身差をつけて難なく重賞初制覇。

【メイクデビュー京都】1着

騎手:武豊

スタートが上手く決まり、先頭に立つも武騎手が手綱を抑え2番手の位置へ、直線コースではムチを打つもやや反応が悪い感じであったが、2度3度打たれると火がつくように疾走し、1と1/4馬身差で勝利。

らく@staff
  • らく@staff
  • 競馬、温泉、落語と講談が大好きな地方暮らし。個人の趣味サイト「くらしのおたより」を運営しています。サイト内の写真・文章の引用については「はじめに」をご覧ください。https://lifestyle-area.com/2017/04/14/hello-world/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です